タクシー会社の約700人一斉解雇が話題 「家族だと思っている従業員のために」 | ニコニコニュース



タクシー(Andrea Zangrilli/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

国の緊急事態宣言が出される中、経営者の苦悩は、より大きくなっている。そんな中、都内のタクシー会社の決断が話題を呼んでいる。しらべぇ取材班は、その会社などから詳しく話を聞いた。

■社長が事業休止を決断

SNS上では、ロイヤルリムジングループ社長のメッセージが、拡散している。

そこには、「当社は生き残りをかけ、一旦事業を休止することを決断致しました」とした上で、「具体的な方策は、現場より説明させて頂きますが、混乱の中少しでも早く皆様が円滑に失業手当をもらえるために決断した次第です」と書かれている。

7日から、会社は休業に入るが、この決断の背景には、どんなことがあったのだろうか。

関連記事:Facebookロンドン支社が新型コロナ関連で閉鎖 国際色豊かなオフィスの現実

■新型コロナの影響で売り上げが激減

ロイヤルリムジングループの全体の従業員は約700名で、所有車は約350台。新型コロナの影響により先月の売り上げは例年比50%減で、今月はますます下がっている状態だったという。

社長は社員を家族だと思っており、社員を守るための策をさまざま検討したが、社員の健康と安全、生活を守るためには、失業給付制度を利用することがベストだと判断したとのこと。

■今が決断のギリギリの時期

担当者は、「タクシー事業の休業補償は、歩合給と残業の給与体系のため、失業手当より不利になってしまう」と話す。また、失業手当は、退職前半年間の賃金が基準となるため、今であれば、昨年11月12月の比較的給与が良かった時期も計算基準に入れることができる。

今後は、ますます給与が下がっていくことが予想されているため、ギリギリの決断だったと語る。

会社は新型コロナの収束明けに再開したい考えで、休業の間は不動産収入でやりくりしたり、車両の維持については、たまに整備担当にボランティアでの協力をお願いする方針だという。

■果たして失業給付がうけられるのか

この決断に対して厚労省雇用保険課は、「厚労省としては、雇用調整助成金を利用して、企業に雇用を継続してほしいというスタンスではある」とした上で、「どうしてもという場合は、解雇などによる失業給付を利用するということもあり得ると思う」と話す。

今回のケースで、従業員が失業給付が受けられるかについては、「あくまで各ハローワークの個別判断になるが、会社側が、従業員に対して、再就職してもかまわないというスタンスで、もし決まらなければ戻って来ても良いという状態であれば、失業給付の対象になると思う」と述べた。

会社側の担当者は、「再就職という選択もあると思うし、それぞれの従業員の判断に任せる」としている。

金子社長は、従業員に対して、「長い人生の中で土砂降りのときもあるものです。皆さんの職場を、完全復旧できるようにわたしの人生をかけて戦います」「完全復旧した暁には、今まで以上に良い会社を作っていきたいと思います」とのメッセージを送った。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、新型コロナで新たなビジネス? 予想外の内容に「笑った」

(文/しらべぇ編集部・おのっち

タクシー会社の約700人一斉解雇が話題 「家族だと思っている従業員のために」


(出典 news.nicovideo.jp)

詩の字の人

詩の字の人

休業補償より失業手当のほうが割がいい・・・そんな業界もあるんだな。色んな意見の出そうなニュースだが、少なくとも「迅速な決断」だけは評価したい

通報されるくらいに

通報されるくらいに

まぁ、今後こういうことが中小企業では多発するだろうね。

あほう1942

あほう1942

国が補償どうするとか 足踏みして出さないから 会社都合(事業休止)で退職してもらって失業保険(待機期間なしになるし)を利用する。 その手があったなってマネする会社がでてくるだろうな・・・

バルジ

バルジ

政府が仕事しないから、抜け道を会社が模索しないといけない。国民の財産と命を守る気がないとハッキリと示した政府はこれから自分たちがどういう身の振り方をするか考えておいてほしいね

トレバー・フィリップス工業

トレバー・フィリップス工業

日本には失業給付って制度があるんだよね。わざわざ国民全員に金をバラ撒かなくても、ちゃんと雇用のセーフティーネットがある。「日本政府の補償は手薄だ!」って騒いでる人たちは、こういう制度を含めて海外と比較してるのかね?日本は海外と比較したら天国だと思うよ。

通報されるくらいに

通報されるくらいに

失業保険は、雇用保険金を納めていないと支給されないから、雇用保険を払ってない&会社が加入していない会社だと支払われないよ。 サラリーマンだと給与明細で税金や厚生年金なんかと一緒に天引きされてるはず。

孤犬(Maxxie)

孤犬(Maxxie)

これ会社側がちゃんと良心があるから良いけど、自己都合で退社を求める話も聞く。災害みたいなもんなんだから政府がさっさと包括的にやるべきなんだよ。自己都合だと三か月ほどかかるかかるし申請が増えると遅れも出るだろう。せめてコロナの間だけでも緩和すべきだとおもうけどな

通報されるくらいに

通報されるくらいに

雇用保険は、社員負担分と、会社側負担分が毎月あるから、小いさめの会社だと加入していない場合が多いし、ほとんどのバイトを含む非正規雇用は加入してないはず。

まちこ

まちこ

会社都合だと待機なしですぐに支給されるから従業員のために苦渋の決断をしたわけか。もし、他の企業でもこの方法が取られたら、コロナ終息後は失業者と足元を見られた低賃金での再雇用労働者であふれかえるだろうな。決して推奨される方法ではないので、緊急の支援を必要としている企業に一刻も早く支援できるようにしっかり詰めて議論してほしい。

あほう1942

あほう1942

少なくても 国が30万くばるよ(予定)だから自己申告してね!より 去年の源泉徴収票をハロワに持参して 税金(予算)から収入目減り分(概算) 補填します。 この方が納税者としては納得いくのではないだろうか?

池田屋

池田屋

社員の事を考えたすばやい決断だと思う。願わくばその決断がいいほうに転がってほしい。

MAD

MAD

人間と同じで、企業も体力の無い所から潰れていくだけの話。この会社は上手く立ち回ってるじゃん。

purupurupudding

purupurupudding

これは認められないと困るよね。どっちの方法を取るにしても従業員の生活にとってより良い方を経営者の方々には選択して欲しい。

ニワカアメ

ニワカアメ

雇用保険入ってない企業には関係ないね

アサヒナ

アサヒナ

国の補償はあっても「全部終わってから」だろうからね。企業も人もそれまで耐えられない可能性がある以上、こういう決断もやむを得ない

Relloy

Relloy

失業保険も、「一身上の都合による自主退職」と「会社側の都合によるやむを得ない退職」の2種類あるからね。前者の場合は辞める前の月収の半額が半年くらいだが、後者の場合は満額1年貰える。

ゲスト

ゲスト

賢いね

らのまに

らのまに

いわゆる一律給付を望む人は「得をしたい人」が多く、損害補償を求めるのは財産を失うや利益の機会を失って「損をしたくない人」が多い。で、政府は「損得じゃなくて生死の問題の人」のみ助けたいと思ってる。このタクシー会社はおそらく生死の問題に近いだろう。

はいどら

はいどら

これ”落ち着いた後の再雇用前提の計画退職"だったら不正受給にならんのかなぁ

マーク

マーク

上手く軟着陸したなあという印象