NO.8605689
低下する日本人の賃金「もはやクルマは富裕層の持ち物」と指摘も
低下する日本人の賃金「もはやクルマは富裕層の持ち物」と指摘も
日本人の「給料安すぎ問題」。

物価も安いので暮らしやすい、は成り立たない。

戦後最悪ともいわれる、新型コロナウイルス感染拡大による景気後退。

不透明な社会情勢が続くなか、実はコロナ以前から日本は「貧しく、住みにくい国」になっていました。

その衝撃の現実をデータで示した『貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか』(加谷珪一氏著、幻冬舎新書)が発売後、5刷目の重版となりました。

このところネットを中心に話題となっている、日本人の「給料安すぎ問題」。

これも貧しくなるこの国の一側面を表しています。

日本人の給料はどの程度安く、それが私達の生活にどのような弊害をもたらすのか。

本書から抜粋して解説します。

■気づかぬうちにどんどん貧しく
日本は物価の下落が続いていると喧伝されていますが、それは国内要因だけで決まる一部の製品やサービスに限った話です。

海外から輸入される製品は、海外の価格がそのまま適用されますから、国内事情とは関係なく値上がりします。

海外と比較して賃金が安い国は、同じ輸入品を購入する場合でも、より多くの負担が必要となりますから、最終的な可処分所得は減少します。

つまり、端的に言うと賃金が安い国は、その分だけ貧しくなってしまうのです。

このところ私たちの生活が貧しくなったとの感覚を持つ人が増えていますが、その理由が、まさにこれです。

日本人の賃金が相対的に下がったことで、私たちの購買力が低下し、これが社会の貧しさに直結しているのです。

こうした貧しさは至る所で観察することができます。

ここ数年、食品の価格を据え置き、内容量だけを減らす、いわゆる「ステルス値上げ」が横行していました。

食品に使われる原材料の価格は海外の物価上昇の影響で年々上がっており、食品メーカーの利益は減る一方です。

本来であれば、原材料価格が上がった分だけ製品の価格を値上げすればよいのですが、日本人の賃金が上がらないので、値上げを実施すると商品が売れなくなってしまいます。

苦肉の策として考え出したのが、価格を据え置き、内容量だけを減らすというやり方なのですが、これは、海外の物価上昇に対して日本人の購買力が低下し、同じ価格では少ない量しか買えなくなったことが原因なのです。



【日時】2020年06月25日 8:42
【ソース】幻冬舎plus
【関連掲示板】